美女と海獣の日々


8/6


一昨日(8/4)は、1週間前に抜歯したHANAの再診に行って来ました
大きな犬歯やその他多くを抜歯した為縫合したのですが、歯肉の回復が少し遅れているとのことで要観察。

細菌検査の結果は、心配されていたすごく厄介な菌はなく、一般的な?歯周病菌が見つかったので、それに有効な抗生剤(レネバル)が2週間分処方されました。   HANAっちがんばろ~



~覚え書き~

5月上旬、HANAに現れた一連の症状(逆くしゃみが多い、膿や血が混じったような鼻水が出る、白血球やCRPの高値、首リンパ節の腫れ)の原因は心配していた通り、おそらく歯からきているだろうとのことでした、
かかりつけの病院で処方していただいた抗生剤を服薬して症状は治まったものの
根本的な治療をしたわけではないので、その間ホームドクターに相談したり色々と情報収集をして、
早速、動物歯科専門の獣医さんを予約しました


7/7
自宅近くの歯科専門獣医の診察を受ける
視診触診聴診

「犬歯の裏側の歯周ポケットがかなり深く、鼻腔まで炎症が進んでしまっているだろう、
犬歯の根は長く鼻腔のすぐ下にある。
薬で一時的に治まっても良くなることはなく、このままにしておくと常に酷い鼻炎で辛い状態になるし、ほかにも影響が出てくるので、上顎犬歯2本は抜歯した方がいいでしょう」 と。
覚悟はしていたもののHANAに申し訳ない気持ちでいっぱいになり、毎日歯磨きしていたにもかかわらず改めてきちんとケアできていなっかたことに落ち込む

2年前無麻酔での歯石除去専門の機関にお願いした際、表側は綺麗だけれど裏側が歯石がひどくぐらついている歯もあり。と指摘されていたので気にはしていたつもりだったけれど、確かに裏側は嫌がったりで難しく思うように磨けていなかった自覚はあった
明らかに裏側はおろそかになっていたという反省&現実を受け止めて。。  HANA、ごめんね

見た目は綺麗でも裏側はそういう状態なので、犬歯だけではなく周辺の前歯や奥歯も抜歯の可能性ありとの先生の見解
HANAに不調をきたすものは、できる限り取り除いてあげるのが飼い主の務め。。。、
でもどうしても全身麻酔や予後の不安がぬぐい切れない。。。


次々と湧き出る不安に先生も親身に丁寧に答えて下さり、少し気持ちも軽くなり手術日の予約を入れる


7/28 抜歯当日

水分以外絶食   食べられないと分かったのか、普段の食いしん坊ぶりからは想像できないけれど全く欲しがらない
不憫に思えてスープをあげるが、いつもならがぶがぶ飲むのに口もつけない

いつものようにデッキで日向ぼっこするわけでもなく、ヨシズの向こうからこちらの様子を伺っているところをパチリ

ご飯食べられなくていじけてる? それとも敏感に察知した??



。。。さ、そろそろ行く時間だよ

nDSC00405 (2)


am10:30  HANAを病院に預ける
       13:30~抜歯手術予定   18:00お迎え予定

 16:30には連絡が入る約束だったので待っていたけれどなかなか連絡がなく。。。、心配になってこちらから電話すると
受付の方が今先生は処置中で手が離せないので折り返し連絡します、とのこと
ますます心配になっていたところ先生から連絡があり、、まずは、無事に終わりましたと。
麻酔から覚めてから中々体温が上がらないので擦って温めていた
そして、歯の裏側全て歯周ポケットが深く侵されていて状態が悪く最終的に17本抜歯となってしまいました、と。。。

麻酔の抜けが悪いのかな?   17本も?!  (犬の歯は全部で42本だそう)  

18:00過ぎにお迎えは心配していたトド父も一緒に向かい、HANAは飼い主sを見てしっかり 歩いてきてくれたけれど、トド父が抱き上げた途端うつらうつら。。。   
鼻や口から血が滲み出ている
「HANA」と声をかけると「な~に?」と目を開けるけれど
眠くて眠くて仕方がない、といった感じですぐに目を閉じてしまう
体がまだ多少冷たかったので 持参した毛布にくるんで擦って温める

術中のレントゲンや写真を見ながら説明を受け、17本抜歯となった結果も納得。。。
表側の歯や歯肉は5歳だけれど、裏側は14歳相当の状態だそう
抜歯した歯はどれもきれいだったけれど、根っこの部分はかなり歯石が付着していた(特に犬歯)
残せた歯も決して良い状態とは言えないので、傷口が回復したら今の状態をなるべくキープできるように頑張りましょう、と

ショックだったけれどHANAが可哀想過ぎて飼い主が落ち込んでる場合ではないと思い直し、無事に終わったことに感謝し、とにかく早く家に連れて帰って今後ゆっくりケアしたいと思った

麻酔中は、耳のお掃除と爪切りもしていただいた


鎮痛剤パッチを脚の付け根に貼っていただき内服薬も処方される

帰宅後もどよ~んとして、もちろん食欲なし

寝る前にやっと溜まったチッチが出る

夜中何度かウロウロしたが近寄ってくることもなく一人で朝まで寝る


7/29 抜歯2日目

歯肉フラップ形成と縫合(吸収糸)をしたけれど、腫れはない様子
出血も治まった

日中、食欲はまだないようで鼻先に食事を持っていっても顔を背ける

基本寝ているが目に力が出てきたかな
そして、夜ごはんはゆっくりといつもの半量食べることができた  

下痢気味(血便もあり)、チッチは2回と少ないのも心配   この日も一人で寝る


nDSC00399 (1)7/29



7/30 抜歯3日目

朝晩通常通り食欲がもどり一安心    動きもいつも通り

この日も下痢気味、チッチ2回  


7/31 抜歯4日目  

食欲、元気あり    

軽くお散歩に出るが、いつものルンルン歩きではない


8/1 抜歯5日目~

トイレの回数もようやく普通になり 短い距離だけどお散歩も元気に歩くようになった

頑張ったネ
nDSC00399 (2)8/2

まだベロがチロって出ちゃうね   リンパ節の腫れも小さくなってきたね
nDSC00405 (1)8/2


8/4 抜歯後の検診

縫合箇所がまだ赤く腫れている
細菌検査結果に基づいた抗生剤が2週間分処方され、また2週間後再診予約

歯磨きは抜歯後3週間経過してから
歯や歯茎についた食べかすは綿棒を濡らして取り除く

今は抗生剤の力を借りてるけれど、HANAっち、次の段階は免疫力を高めて本来の治癒力を発揮してもらいますよ
できれば、もうこんな思いはさせたくないので、残った歯をなるべく現状維持できるよう飼い主も頑張ります!


nDSC00413 (1)
今日8/6のHANA♪トトロのおなかと 




スポンサーサイト

海獣トド&HANAママ

Author:海獣トド&HANAママ
家族と愛犬イタグレHANA
(2009.6.9女の子)
&仲間達の日記

美女って?
海獣トド・ペンギン・カメさんの
正体は?


presented by 地球の名言